headband

wimaxはモバイル回線の中でも容量制限が緩いって本当?

wimaxはモバイル回線の中でも容量制限が緩く、容量制限がないプランもあるのが特徴です。

高速通信を利用すると思いのほか通信量が増えてしまい、10GBなどでも足りないことがあります。

動画サービスや音楽のストリーミングを高画質、高音質で楽しみたい人は容量を多めに契約することが必須になります。モバイル回線は容量にシビアにならなければいけないことがおおからこそ、wimaxの制限の緩さは大きなメリットなのです。

wimaxのデメリットは?

ただし、完全にデメリットないわけではない点に注意が必要です。

wimaxは3日間の利用の間で3GB以上利用した場合は速度制限がかかる場合があるからです。

一般的な速度制限と違い、低画質の動画であれば途切れずにみられることがあるほどで、制限かであってもある程度の通信速度は確保できます。

制限は3日間の容量の合計で決まるため、しばらく使わなければ自動的に解除されるのが基本です。

そのため、休日に思生きてインターネットを楽しみ、平日はあまり利用しない等、メリハリをつけることで影響を避ける事も出来るのです。

制限を意識した利用法を選べぶ事でデメリットを減らすことが可能なのも特徴です。

契約はインターネットを通じたものが主流で、大型の家電量販店で契約できる場合もあります。

光回線には劣るものの非常に速い通信速度が確保できることから、1人暮らしで固定回線を引く手間を省くために利用する人もいます。

持ち運びがしやすいのも特徴で、旅行先から動画配信をする、あるいは積極的にアプリを楽しむと言った使い方も可能となっています。

格安SIMと比べれば価格は若干高くなりますが、速度と通信制限の量を考えれば許容範囲内と言う人も多くいます。とにかく早いモバイル回線が使いたい人や、容量制限を気にしたくない人におすすめです。

また、積極的にキャンペーンを行っている企業も多いため、店頭とインターネット契約でどれくらい違いが出るか比較するのもおすすめです。

pagetop